カテゴリ:環境工学科

実習デビュー

環境工学科環境科学コースの1年生の総合実習は、庭園管理など造園分野の技術を学びます。

初日のガイダンスを終え、いよいよ実習デビューとなった2回目の実習は、

正門付近のカイズカイブキアベリア剪定作業です。

 

はじめに、実習の目的や内容、手順について講義を受けます。 

 

実習場所に着いてもレクチャーは続きます。教員も、危険な作業について、体を張ってわかりやすく伝えます。 

 

いざ作業に取り掛かりますが、脚立の設置に手間取ったり、思うように刈れなかったりと試行錯誤が続きます・・・ 

 

やがて1時間を過ぎたあたりには、剪定作業も様になってきました。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

後日、修正が必要なところは、上級生が仕上げてくれました。

造園の匠を目指して、環境工学科環境科学コースの実習は続きます。

令和4年度はじめの授業は・・・

1・2年生がテストをしている間に、3年生は令和4年度初めての授業がありました。

環境工学科環境科学コースの生徒は11名。

彼らのスタートの授業は「造園技術」。

ミッションは、校内で整備しなければならない場所を探し出し、修繕・整備の計画を立て、実行すること!!

 

 

学校前の西農ロードから正面前の庭園までを見て回り、最終的に7件の修繕・整備箇所を見つけ、整備の計画を立てました。これから数回に分けて整備していきます!

 

残った時間で道具の手入れを行います。

 

サビを落とし、油をさして道具を最適な状態にしました。

今年度もよろしくお願いします。

環境工学科1年生 現場見学に行きました

日本食研ホールディングス株式会社の庭園と株式会社瀬戸内園芸センター丹原農場の見学に行きました。宮殿のような広大な庭園の施工・管理から庭園に用いられる樹木材料について説明をしていただきました。今後の進路選択に役立てたいと思います。 

  瀬戸内園芸センターの丹下様より庭園の説明をしていただきました。

       みんな熱心にメモを取っています。                丹原農場見学

 

流速測定

 環境工学科農業土木コース3年生が福武用水の流速測定及び流量計算をしました。今後は大町用水の流量も測定していきます。

 福武用水と大町用水の分岐点を見学しました。 

 広井電気式流速計を使用しています。

 

Team SSS活動報告⑥ 大学生とのオンライン交流会

Team SSSのメンバーと環境工学科1年生の計8名が、西条市市民活動支援センター主催「大学生に聞いてみよう」にオンラインで参加しました。大学生からは、大学を志望した理由や大学で学んでいることを話していただきました会議・研修高校生からは、大学の行事のことや学生生活で楽しいことは等の質問がありましたにっこり大学生からいろいろなお話を聞けて進路選択の参考になりました期待・ワクワク

     初代Team SSSリーダーの菊池さん ☝