カテゴリ:環境工学科

愛顔のえひめ賞受賞

 3月24日(水)に愛媛県庁で愛顔のえひめ知事表彰式が挙行され、環境工学科農業土木コース3年生(卒業生)の秋山拓都さんが愛顔のえひめ賞を受賞しましたお祝い高校在学中に学んだ農業土木の知識・技術と高校生防災士として活動したことを作文にして応募した「全国子ども防災作文コンクール最優秀賞」に対しての受賞です。秋山さんは、4月から西条市職員として地域のために頑張ります。

※写真撮影時のみマスクをはずしています。

 

 ※愛媛新聞に掲載されました。

  

「西条市ワクワク大賞」表彰授与式

 22日(月)に「西条市ワクワク大賞」表彰授与式が開催されましたお祝い。この賞は、学術、芸術、文化、スポーツその他の分野で活躍をし、市の名声を高め、市民に希望及び活力を与え、又は広く市民に感動を与えたものに対して授与されるものです。本校からは環境工学科農業土木コース3年生の秋山拓都君(TeamSSSリーダー)が、高校生防災士として活動したことや防災と農業土木技術の関わり方を作文にまとめた、第2回全国子ども防災作文コンクール最優秀賞に対して表彰されましたにっこり授与式後に玉井西条市長様から、今後さらに経験を積み西条市の防災活動に積極的に取り組んでくださいと激励のお言葉をいただきました笑う

  ※写真撮影時のみマスクを外しています。

水田出入り口の拡張工事

環境工学科・農業土木コース2年生が、食農科学科作物班より依頼されて水田の出入り口の拡張工事を行いました。2年生にとっては、初めての本格的な土木工事です。最初はコンクリートミキサーへの砂利や砂の投入にてこずっていましたが、何回かコンクリートを練っていくと上手になりました。これからも校内整備に専門知識を生かして取り組んでいきます。

  

 

 

 

 

 

 

全国子ども防災作文コンクール 『最優秀賞』受賞

 12月5日(土)全国子ども防災作文コンクールの授賞式がオンラインで行われました。環境工学科(農業土木コース)3年生の秋山拓都君が1年次に防災士となり活動してきたこと、また3年間学んだ農業土木の知識と技術で、高校卒業後は西条市の防災活動に取り組みたいという内容で応募した作文が最優秀賞に選ばれました。本来は東京で表彰式の予定でしたが、今回はオンライン授賞式となりました。

 ※受賞者を代表して作文を読んでいます。(発表のためマスクをはずしています。)

 

ふれあい体験学級「ペーパーウェイト作り・測量体験」

 環境工学科・農業土木コースの3年生が指導者となったふれあい体験学級が行われました。最初にセメント(手袋をして触りました)の役割について説明しました。その後のペーパーウェイト作りでは、時間の関係(セメントは固まるまで約1日)で事前に準備しておいて物に色付け作業美術・図工を行いました。測量体験では、トータルステーションを使用して距離を測定しました。据付の基本である器械を水平にする作業に多少てこずっていましたが、全員見事に距離を測定できました。農業土木の役割について、少しだけど理解してもらえたかな?!本日の体験が、今後の進路選択の参考になればと思います期待・ワクワク