えひめ教育の日 実施状況

 

 

えひめ教育の日とは

 

 愛媛県では、県民総ぐるみで教育について考え、行動する契機となる日として「えひめ教育の日」(毎年11月1日)、「えひめ教育月間」(毎年11月)を制定し、学校や行政だけではなく、家庭や地域などが一体となって、教育の推進を図ることとしています。

 今年度、本校では、「えひめ教育月間」中の行事として、耐久競走歩大会・第61回西条市産業祭を実施しました。

 

 

【事業名】耐久競走歩大会
【日 時】平成30年10月31日(水)9:00~15:30
【場 所】校内、黒瀬ダム周辺
【参加者】生徒・教職員・PTA

 毎年の恒例行事となっている校内耐競走歩大会を実施しました。コースは、本校を出発して黒瀬ダム(湖)を一周して帰着する、全長約22㎞に及ぶものです。例年、実施時期は気温が低いのですが、当日はまさに「寒中暖あり」、競走歩には最適の日和となりました。

 男子は9:30、女子は9:40の号砲のもと、一斉にスタート。それぞれが自己の体力や能力と向き合い、ペース配分を考えながら、また互いに励まし合いながら、ゴールを目指しました。今年は創立100周年を記念して、家庭クラブ特製のゴールテープでゴールすることができました。そして、ゴールの先に待っていたものは、PTAの方々が前日から仕込んでおいてくださった「豚汁」でした。豚汁をほおばり、心も体も温まる生徒は皆笑顔、まさに「愛顔」あふれる一日となりました。

 

 

【事業名】第61回西条市産業祭
【日 時】平成30年11月10日(土)~11日(日)9:00~15:30
【場 所】校内
【参加者】生徒・教職員・PTA・一般

 メインテーマ「豊かな自然 伝統の地 結ぶ人々 生まれる未来」のもと、第61回西条市産業祭を開催しました。展示の部では、農業学習展・産業展・文化展が、体育館や校舎内の各教室を使い、19のブースに分かれ実施されました。即売の部では、本校の農業クラブの野菜・タマネギ苗・福神漬け・シクラメン・花苗の販売のほか、市内の事業所や店舗が食品、日用雑貨からオートバイまで、様々な商品の販売が行われました。また、催し物の部では、うどん、いなりずし、ちらしずしのバザー、茶席、農業学習体験コーナー、国際交流ブースのベトナム料理の販売やダンス、西条市交通安全協会による運転体験コーナー、共同募金活動、献血など、様々な催し物が行われました。

 今年は、本校剃立100周年を記念して、移動水族館を招待し、「ペンギンの展示」があり、一緒に写真撮影をしたり、大人気でした。

 幸いにも2日間は比較的好天に恵まれ、合わせて約15,000名の来場者がありました。生徒たちも、「おもてなし」の心を持って、それぞれの持ち場で積極的に仕事をこなすなど、大変有意義な学習体験の機会となりました。