愛媛県立西条農業高等学校

本校のスクール・ミッション 

    東予にある農業科の単科高校として、地域に根ざし地域と連携した農業教育を推進します。また、日々の教育活動を通して、生徒の自立を促し、地域資源を活かした農業の発展や、地域産業の活性化に寄与できる、スペシャリストとして必要な力を育成します。

 

〒793-0035 愛媛県西条市福武甲2093

☎0897-56-3611  FAX0897-56-3613

《お知らせ》   

ふれあい体験学級の案内

自然災害(台風)等の対応について

スクール・ポリシーを掲載しました。
   こちらをクリック  →   西条農業高校 スクール・ポリシー

 ・西条農業野球部ニュース第2号にて、夏大会までの練習試合など日程をまとめました。御声援よろしくお願いいたします。

令和6年度 第64回西条市産業祭についてのご連絡
6月25日(火)に開催されました第64回西条市産業祭第1回実行委員会の資料を掲載いたします。関係団体、昨年参加された団体のみなさまには別途、資料を発送させていただきます。なお、出店を希望される団体等がございましたら、事務局までご連絡ください

R06第1回実行委員会資料※必要箇所のみ記載.pdf

R06出品展示計画書PDF.pdf

R06出品展示計画書Word.docx

R06産業祭支出伺書PDF.pdf

R06産業祭支出伺書記入例PDF.pdf

R06産業祭支出伺書Excel.xls

〇夏休み期間における河川水難事故防止の普及啓発についての協力のお願い

例年、学校の夏休み期間においては、河川に多くの利用者が集まります。

令和6年度においても、河川における水難事故発生が懸念されます。

今一度、水難事故の危険性に対する認識を持っていただきますようお願いいたします。

①西条5高校では、加茂川での遊泳を禁止しています。

②遊泳には「水遊び」も含まれます。

③加茂川での釣りも原則禁止です。

④西条市内の高校生が加茂川で遊んでいる場合は、補導及び指導の対象となります。

・国土交通省「河川水難事故防止ポータルサイト」

 https://www.mlit.go.jp/river/kankyo/play/anzenriyou.html 

・(公財)日本ライフセービング協会「守ろう!いのち 学び合おう!水辺の安全」

 https://elearning.jla-lifesaving.or.jp/

〇西条農業高等学校における学校閉庁日等の設定について

【学校閉庁日】県立学校から保護者へ周知用

新着

西農日記

農業クラブ第1回各種発表校内大会を実施しました

2024年6月14日 16時13分
農業クラブ

IMG_1798 IMG_1800 IMG_1804 IMG_1805 

IMG_1807 IMG_1808 IMG_1809 IMG_1813 

IMG_1822 IMG_1828 IMG_1832 IMG_1840 

IMG_1844 IMG_1848 IMG_1851 IMG_1853 

IMG_1862 IMG_1868 IMG_1884 IMG_1890 

IMG_1895 IMG_1918 IMG_1924 IMG_1932 

IMG_1935 IMG_1947 IMG_1959 IMG_1965

6月14日(金)、本校体育館で農業クラブ第1回各種発表校内大会を実施しました。

発表者の皆さんは、足も手も声も震え、緊張したことでしょう。ですが、それが次につながります。

このような会が無事できたのも、会場を準備してくれたり、冊子を作ってくれたり、陰で支えてくれているクラブ員がいてくれるからこそです。そのことを忘れないでください。

発表者の皆さんお疲れさまでした。

【農業クラブの魅力を知ってほしい 】     

発表者の皆さん、聴衆の皆さんのおかげで大変立派な発表会になりました。

意見発表では、達成感や体験から生まれる言葉は重みがあります。また、プロジェクト発表では、地域の課題や題材を用いた研究は説得力が生まれるなど、それぞれ見ごたえのある内容になりました。

せっかく西条農業高校に入学したのだから、日々の教育活動を通して、農業クラブの良さに気づいてほしい。

まずは、評価を受け反応があればさらに上を目指すものです。新聞、テレビ、広報誌、地域との連携など、やり方はいろいろあります。

自分たちの学校、自分たちの組織、自分たちの競技会にするために、どうすればいいのか、ぜひ考えてほしい。

自分の知らない自分に会ってみませんか。なぜ、ここまでしかできないと言えるのか。私は、失敗が大切だと考えています。そこから満足感が生まれるものです。何度も失敗し、成功した喜びは大きいものがあります。分析力、探究心、向上力を育ててほしい。体験と経験が交差した知識こそが、記憶に残り、定着するものです。